【ftcラメラゲル スーパーモイスチャーfcとdrの違い】FTCFTCラメラゲルスーパーモイスチャー…

【ftcラメラゲル スーパーモイスチャーfcとdrの違い】FTCFTCラメラゲルスーパーモイスチャー…

 

 

FCとDRどこが違う?

 

 

ftcのオールインワンゲルには、「DR」と「FC」の2種類があります。

 

どちらも100%ラメラ構造のゲル(ジェル)であるという点は共通してますが、「いったいなにが違うの?」は気になります。

 

FTCラメラゲル スーパーモイスチャーFC

 

まずは、コールセンターに問い合わせてみました。

 

すると、FTCのオールインワンゲルには「スーパーモイスチャー」と「リンクルモイスチャー」があって、それぞれに「DR」と「FC」があって、基本的には香り以外は同じという回答が得られました。

 

(ちなみにリンクルモイスチャーのほうがスーパーモイスチャーより保湿力が高めなのだそうです。)

 

 

しかしそれでは、すぐに納得が行かなかったので、もう少し突っ込んで調べてみました。

 

すると、このような違いが見つかりました。

 

 

 

表の成分の項目を比べてみよう!

 

配合成分の多い順に20項目ほどFCとDRを比べてみました。
すると意外と成分には違いがありました。

 

 

FTCラメラゲル スーパーモイスチャーFC 成分表

 

FTCラメラゲル スーパーモイスチャーDR 成分表

 

 

 

項目名1 DR FC
発売日 2018/9/20 2019/2/15
容量 50g 50g
価格 3800円 3800円
主な効能 乾燥による小ジワを目立たなくする 乾燥による小ジワをケアする
1個で何役? 7役 7役
成分

水、グリセリン、BG、メチルグルセス-10、リンゴ酸ジイソステアリル、 1,2-ヘキサンジオール、ベタイン、

 

グリコシルトレハロース、

 

 

 

 

 

 

 

加水分解水添 デンプン、加水分解ホホバエステル、

 

ダマスクバラ花油、パルマローザ油、 水添ホホバ油、

 

ホホバ種子油、スクワラン

水、グリセリン、BG、メチルグルセス-10、リンゴ酸ジイソステアリル、 1,2-ヘキサンジオール、ベタイン、

 

ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、プラセンタエキス、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、エ何チアクロランタ樹皮エキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解キャッサバ塊茎エキス、水溶性コラーゲン

 

加水分解水添 デンプン、加水分解ホホバエステル、

 

加水分解シルク、セラミドAP、セラミドNG、セラミドNP、

 

ホホバ種子油、スクワラン

添加物 アルコールフリー、パラベンフリー アルコールフリー、パラベンフリー
香り ダマスクローズ かんきつ系
販売店 直営店・通販サイト 公式サイト

 

 

 

結論から言うと、「FTCラメラゲル スーパーモイスチャーFCは、DRの進化系ゲルと言えるでしょう。

 

主な効能ついては、多少表現が異なるものの、ほど同じです。

 

最も大きな違いがあったのは、「成分」でした。

 

 

 

FCとDRの成分の違いに注目してみよう!

 

7番目のベタインまでは同じでしたが、8番目からは成分に変更がありました。

 

 ・黒字:FCとDRで同じ成分

 

 ・緑字:DRにはあるがFCには見当たらない(または下位表示)

 

 ・赤字:FCにはあるがDRCには見当たらない(または下位表示)

 

 

DRの「グリコシルトレハロース」の代わりに、

 

FCでは「ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、プラセンタエキス、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、エ何チアクロランタ樹皮エキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解キャッサバ塊茎エキス、水溶性コラーゲン」

 

が配合されていました。

 

 

さらにDRの「ダマスクバラ花油、パルマローザ油、 水添ホホバ油、」の代わりに、

 

FCでは、「加水分解シルク、セラミドAP、セラミドNG、セラミドNP」

 

が配合されていました。

 

 

FCのほうはやっぱりヒアルロン酸が強化されていた!

 

 

難しい成分のことは詳しくはわかりませんが、赤字に「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」や「セラミド」という表示が多いので、おそらくFCはDRより、ヒルロン酸やコラーゲン成分が多く配合されてるのだと思います。

 

 

DRのほうも、下の方に「加水分解ヒ アルロン酸」とか「ヒアルロン酸Na」という表記がありますが、FCよりも配合量が少ないようです。

 

 

なぜなら、化粧品の成分表記には決まりがあって、そのルールに従って記載しなければなりません。

 

@全成分を配合量の多い順で記載する。

 

A配合量の多い順に記載して、配合成分 1%以下は順不同で記載する。

 

B着色剤以外の成分を配合量の多い順に記載し、その後に着色剤を順不同に記載する。

 

C着色剤以外の成分をAに準じて記載した後、着色剤を順不同に記載する。

 

 

したがって、成分表の記載順に美容成分の配合量は少なくなっていくのです。

 

 

FTCラメラゲル スーパーモイスチャーFC ヒアルロン酸

 

さきほど「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」の美容成分が増えていると書きましたが、FTCラメラゲル スーパーモイスチャーFCを購入した際のパンフレットにも「ヒアルロン酸は、役割の異なる4種類を配合しました。」と大きくアピールされていました。

 

 

私の個人的見解(予想)では、FCはDRの改良版で、最新モデルなのではないでしょうか?

 

もしかしたらDRの在庫がなくなったら、FCのみの販売になるかもしれないと勝手に想像しています。

 

DRとFC、どちらか迷ったら「FTCラメラゲル スーパーモイスチャーFCのほうでいいのかなと思います。

 

柑橘の香りが苦手ではなければ。。。